火災報知器のご案内
消防法の改正に基づき、根室北部消防事務組合(中標津町・標津町・別海町・羅臼町)火災予防条例が改正され、新築住宅は平成18年6月1日から既存住宅は平成23年5月31日までに住宅用火災警報器の取り付けが義務化されました。
住宅用の火災報知器の設置が義務付けられている場所は、「寝室」、「寝室としても使っている子供部屋や老人の居室など」、「寝室に向かう階段の上端」の3箇所です。
罰則規定はありませんが、住宅用火災警報器は大切な家族の命を守るための機器です。
罰則の有無に関係なく早めの設置を推奨致します
パンフレットの商品を、5,000円/個にてご案内しております。
f0025004_17451238.jpg
f0025004_17461651.jpg
ご検討のうえ、お気軽にお電話下されば幸いです。
[PR]
by nikken2005 | 2007-06-01 17:46 | お知らせ
<< 清掃奉仕活動 木工事 >>